思い貯蔵庫(仮名)

日記、ぶつける当てのないもやもやを置いておく場所

文字通り、日々の記録として

映画『GO』を見た。夜中に巡回中の警官と一緒にタバコを吸う窪塚洋介がかっこよかった。自分の中にブレない一本の強い軸を持っていたいと思うが、明日にはケロッと忘れているだろう。

なんにも身につかない。反芻しないからかな。

 

結局また、日記は続かなかった。

 

地獄のような就活がなんとか終わった。

僕は今、昨日と今日と明日の区別がつかないくらい堕落しきった毎日を送っている。

今だからこそ日記をつけたいと、思う。昨日は何をしていたのか、今日は何を考えていたのか、明日はなにをしたいと思っているのか、そういうことだけを淡々とつづっていきたいと思う。とにかくキーボードをたたかないと、手を動かさないと脳が腐り落ちていくような気がしたから。

 

ってね。