貯蔵庫

日記、ぶつける当てのないもやもやを置いておく場所

ドンブラザーズ

湿っぽくなってきたので、布団乾燥機を使おうと思うのだが、リミットギリギリまで布団にへばりついている日々が続く。前日に回したはずの洗濯機がぱんぱんになっているので、少し早めに起きて干してから家を出たいとも思う。明日こそは、明日こそは。

仕事をするふりをして、ブログ書こうとする。2日間サボっていたからか全く書く気が起きない。継続は大切であるな、筋トレとブログ書くの、引き続きがんばります。

20:00頃帰宅。妻が昨晩の残りのカレーとじゃがいもとベーコンの炒め物を用意してくれていた。非常にねむく、具合が悪そうだ。生理が近いそうだ。毎月お疲れ様でございます。夕食を食べ、後片付けを済ます。シャワーに誘うと乗ってきたので一緒に入る。身体を洗いながら、食堂で何を食べたでしょうかクイズを出したら案外盛り上がったので、また開催しよう。それとリンスの詰め替えだ、今日こそするぞ。

風呂から出てコーヒーを入れ、ドンブラザーズを鑑賞する。6.7.8と見る。放送中の特撮がアマプラで配信されているのは便利だ。ルパパト放送中に面白さに気付き、リアタイでおっかけるためにTTFCに入ったもの。

8話見ました?私は昨日8話を見て、椅子からひっくり返って死んだ。後味の悪さすっごくないか?ホラーだったぞ。意図して人間をこの世から消したうえに、罪悪感0だぞ。オムライスの上にケチャップでハート書いてたぞ、目が笑ってないよ。あんなことしてピンク平気なの?妻の事となると狂気を滲ませるキャラで行くの?なあ、何とか言えよキジブラザー。おい!雉野!雉野!!!

…ドンドンドンドンドンドンドンッッ…イエ~~~~~!!!!!

夢中だよ、がっちり掴まれてる。怖すぎて9話はまだ見られていないので、雉野が9話以降罪の意識にさいなまれたり制裁が与えられたりしていたらすみません。話が通じる側の人間だと思ってたのによ。

現時点での推しは犬塚、次点で桃井です。少しぶっきらぼうだけど、普通にかっこよくて、いい子。ちっちゃい3DCGも男らしい動きが見られて良い。

鑑賞後、椅子から転げ落ちて絶叫して絶命した後の熱量で妻に報告しに行った。少し興味を持ってくれたようだが、私と妻が共に応援する女性アイドルのMVを見せられた。いい出来だった。曲がいい。

消化不良気味だったのでこちらに書きなぐってしまった。見ていない人はなんのこっちゃ分からんかっただろう。失礼しました。

ゲームをさぼり気味なので、そろそろやりたい気持ちだ。正気を取り戻した陛下と共に、王国を取り戻すんだ。こいつは忙しくなってきやがったぜ。

古着

10:30頃、ずるりと床から這い出る。朝ごはんにも昼ごはんにも中途半端な時間なので、何も食べずに過ごす。コーヒーを飲み、洗濯物を干し、食器を洗い、部屋をほうきで掃てクイックルワイパーをキメた。窓側の床が黒く汚れているのが気になる。ぬるま湯もマイペットも効かないんだよなあ。何汚れなんだろう。

妻が12時半過ぎに起きてきて、腹が減ったと喚きながら、家中のひきだしをあけまくる。冷麺があったそうで、妻が作りはじめる。私は韓国風の味付けをした豚小間炒めの作成を依頼されたので、仰せの通りに厨房に立つ。気づくとゆで卵用の鍋と麺をゆでる用の鍋が沸騰している。妻は自室で机に脚を乗せてにやけ顔でipadで動画を見ていた。ちょっぴりムッとしたが私は冷麺を完成させた。付属のたれがすごくしょっぱくて食が進まなかった。

午後は1日予定もないので、妻の部屋で布団に転がり込み、甘えた声を出してみる。「それは大変目障りであり、私は動画を見たいのでどこかに消えろ」とのお言葉を頂戴する。ありがたい、私は一人で当てもなくブックオフに行くことにした。私への扱い、新婚とは思えないよね。

休日のブックオフ、それすなわち漂流者達が集う場である。家を追われし者、時をつぶせし者、富を求める者、知と宝を探求せし者…様々な理由で老若男女が足を踏み入れる、欲が渦巻き時が歪む魔境。ゆるく行こうぜ、休日BOOK・OFFである。

この日は洋服全品30%OFFのイベントを行っていた。身につけるものほとんどが古着である私にはよだれが止めどなく溢れ、私が通った床にヌルヌルロードができあがるほど嬉しい。私は足が短すぎて、長ズボンのサイズが無い。なので試着したズボンのサイズがドンピシャで合うと脳内麻薬が分泌され、あへあへしながらレジに向かってしまう。ぴったりサイズで状態がいい黒のEDWINのジーパンとGAPの小奇麗なシャツを買った。2点で1100円だぜ?もう新品の服が買えない。

ほくほくで家に帰り、妻の前でファッションショーをするもとりあってもらえない。私は家に無尽蔵に褒めて撫でてくれるロボットが欲しい。32歳くらいの巨乳のメイドお姉さん形ロボットかでっけえ大型犬形のロボットがいい。

晩御飯は妻が調べてくれた手羽元のココナッツカレースープを作った。これがそこまで手間もなく、うまい。ココナッツミルクとトマト缶を入れたカレーが最強かもしれない。自分の箱の裏通りのカレー作りから一歩先へ進む時期が来たのかもしれない。

風呂と片付けを済ませ、強めのチューハイを飲みながら何かと評判のドンブラザーズを見始める。5話くらいまで見た。面白いっすね。変身前は真顔、戦闘で狂ったように笑い、敵味方問わず切りかかる赤、よすぎる。そのあと筋トレをして寝た。

週の初めの月曜日、今日も早く帰ろう、頑張ろう。労働者一同。

コバエソルジャー

朝方涼しい日が続く。まぶたが重くて仕方がない。テレビを見るでもなく流しながらおにぎりを食べて、着替えをする。目に入った朝ドラの仲間由紀恵がずいぶん貫禄があり、驚く。何年経とうが俺はTRICK仲間由紀恵がだいすきだぜ。

今日も仕事をする演技をする。カチャチャチャッ、タターン。朝からアマゾンで精密ドライバーのセットを買った。先日買ったジャンクのDSliteちゃんがうまく起動しなかった時、原因究明のためだ。すごく驚いたのだが、この日家に帰ったらポストに届いていた。今そんなことになってるのか、物流。

ブログを書き、この日に届くDSliteの充電器のことや、精密機器の汚れを落とす無水アルコールのことについて調べて過ごす。私は朝から夕方まで仕事をさぼり、ゲームハードの事しか考えてない。いつになったら大人になれるのであろうか。ダウ平均株価のことを、考えられるようになるのだろうか。

薬局で無水アルコールを購入し、18:00前に帰宅。妻が料理を作り始めようとしていたころだった。こんなに早いのであれば外食ができたという話になる。結果、回転寿司に行った。最高。寿司を喰らい、ビールを飲みかぼちゃの天ぷらを食う。久々に外で飲むお酒の味とアルコールが脳によくない影響を与えているのが分かる。ばかになっちゃう。

腹がはち切れるまで寿司を食い、近くのスーパーで買い物をして帰った。おなかがいっぱいだと食料品を見ても何の感情もわかず、まともに買い物ができなかった。

家に帰りシャワーを浴び、さっそく充電したDSliteを起動する。電源が入らない。ああ~~~~。そうよね、990円だものね。買ったばかりのドライバーを使って電池蓋をあける。ちいせえドライバー、プロっぽくてかっこいいぜ、おすすめだ。原因はすぐに判明した。バッテリーパックが入っていなかった。これだけで解決するか分からないが、即アマゾンで購入した。今日こそ、今日こそヨッシーアイランドへ俺は行く。

もうこれ絶対ジャンクじゃないやつ買った方が安くて早かった。愛着がわくからいいんだよ、そうそう。私の手で蘇生したんだという経験を買ったのだ。全くもって微塵も悔しくなんてない。

12時過ぎ、翌日職場に持って行くお茶を作っていると、目の前をコバエが横切る。目で追っていくと、彼の後姿は静かにゴミ箱の中へと消えていった。
…まずい(ドクン!)私の中に流れるコバエソルジャーの血が疼きだす。奴が、くる。全員ここから、早く逃ゲ…ロ…
私の大きく開いた両目は夜の静かなキッチンで妖しく赤い光を放つ。ゴミ箱を小突く。ゴミ箱の中にアースジェットを噴射する。恐怖で飛び出してきた彼らを執拗に追いかけまわし、生命を、潰していく。一匹、また一匹、刈り取っていく。『殺せ、殺せ』内から聞こえてくる、地鳴りのような声に思わず耳を塞ぐ。やめろ、もうたくさんだ。やめてくれ。私の思いとは裏腹に、コバエソルジャーの進撃は留まることを知らない。制御が、効かない。水と酢を適当な容器に1:1で入れ、食器用洗剤を数滴入れた。お酢トラップである。ゴミ箱の傍に置き、妻に向けこぼさないように、と注意喚起を促す紙を張り付けた。流し台、ごみ箱の上、壁、床。すべてに黒く小さな点、が擦りついている。

 

――――――どれくらいの時が流れたのだろうか。
キッチンに残されたのは、へたり込み、放心状態の男がただ一人。
息を整えながら、念入りに手を洗い、歯磨きをして、就寝した。

長く、恐ろしい、夜だった。もうこんな惨劇、繰り返してはいけない。夏場のコバエ対策、教えてください。

エロい店

休日にもかかわらず朝8時半に起きる。人と会う約束があったので公共交通機関の世話になる。雨が降っていたのでバス車内が大変混み合っている。私が乗りこんだ次のバス停から人が乗れないほどだ。車内を見渡すと白いキャップに薄いシャカシャカした素材のベスト、ベージュのスラックスを着用したお年寄りが4人見える。よく見るとトップスは違うし、帽子のワンポイントの刺繍もそれぞれ異なる。あれは一定の年齢を超えると市区町村から配給されるお年寄りの制服なのだろうか。私も次第にそうなっていくのだろうか。神秘である。

さくっと用事を済ませ12時頃、駅前に一人。珍しくこってりの気持ち、一蘭に入ることにした。たぶん、三年ぶり二度目くらい。私はあまりラーメンを食べない。世のラーメンへ敬意と熱量、エグイよな。細くて暗い階段を上り店内へ。

一蘭、そのシステムのエロさに戦く。食券購入、着席、着丼、替え玉の注文、退店まで誰とも目が合わない。加えてあの薄暗さと簾。あれはもうエロい店に行ってきたと言っても差し支えないでしょう。ドキドキしちゃう。

真昼間からエロい店に行った背徳感をびんびんに感じながら、駅前をふらっとする。ハードオフで小奇麗なDSlite 900円とヨッシーアイランドDSが100円だったので購入してしまった。色はローズピンク。表現が難しいのだが、これがもうご夫人が持つ電子書籍のような美しい色合いで、私が持つには20年早い。恐れ多くてゲームに集中できそうもないので、売り場に戻そうと決める。それがあった場所に戻ると、ジャンクコーナーを漁る獰猛なハイエナがジャンク品の青い箱をガッチャガッチャかき回していたので、そのまま踵を返し、うちで保護することにした。うちに来た方が幸せになるよ。充電器はアマゾンで頼んだ、今日届くのだ。使えるかな。

家に帰り、妻が返ってくる前に米を炊き、手羽元をトマト缶とコンソメと酒で煮る。妻は洋風の味にしておけば全部無条件でうまいと言ってくれる。この日もうまいと言っていただけた。ちなみに妻には私が今日エロい店に行ったことは内緒にしている。100%羨ましがるから。

一緒にシャワーをして、ファイアーエムブレムを触る。いよいよ散り散りになった元学友を斬る必要が出てきた。あまり接点がなく、好みでもない人だったのであまり感情は動かなかったが、生徒たちは悲しんでいた。彼らのストーリーを読んだ後だと感想はがらっと変わるのであろう。

2日程筋トレをさぼったので、自分に少し厳しめ筋トレをした。じっとり額に汗をかくようになってきた。本当は風呂に入る前に筋トレをしたいものだが、生活リズムのパズルがうまく組み合わない。真夏に向けて要検討である。

今日は早く帰ってヨッシーアイランドをやるのだ。全くの初見なのでわくわくしているのだが、軽くツイッターで検索をかけるとどうやら鬼難易度のようだ。そもそもゲーム機本体が起動するかもわからない。過度な期待は大きな落胆を生むぞ、律しろ、己を。

賞味期限

朝、特に理由もなくパンツの中に手を入れたり出したりしながら、光をめざし居間の窓に吸い寄せられるように、ぼてぼてと歩いていく。視線を落とすと、そこに名も知らぬ観葉植物がいる。流し台に放置されている適当なコップで水やりをして、植木鉢の向きを変えた。100円ショップで出会ってから、かれこれ3年の付き合いになる。意外と枯れないものだな。今年はどこかで大きな鉢に植え替えてあげたい。

自分の布団に乾燥機をかけ、家をでる。危なげなく目的地に到着する。今日も職場の同じ席に座る。お茶を飲んで、ブログを書いて、ウインドウを閉じたり開いたりして、時間をつぶした。クソの役にも立たない日々は続く。苦しい。

19:00頃帰宅する。妻はカップめんを食べていた。我々が留守の間、宅急便が届いていたようだ。再配達の依頼が寸でのところで間に合わなかったらしい、相当悔しがっていた。私は昨晩の残りのカレーを食べる係だそうだ。ルウの箱の裏に忠実に作っているだけだが、相変わらず私の作るカレーはうまい。感嘆する。妻が食べていたのか、食卓にキムチが出ていたので、カレーに乗っけて食べる。コウケンテツyoutubeでカレーとキムチは合うと言っていたので間違いはない。食べてから気付いたが、賞味期限が7日ほど過ぎていた。今のところ身体に悪影響はない。

カレー鍋を片付け、一緒にシャワーをする。服を洗濯機に入れ、シャンプーの詰め替えを忘れずに行った。シャンプーのボトルにくっついた水垢をとるには全裸すぎるので、この日は見ないふりをした。頭を洗いながら妻にこの後コンビニに行くか悩んでるという事を聞かされ、目を輝かせる。行かないという結論に至っていたので、ちょっとしょんぼりする。

風呂から上がりプロテインを飲む。このプロテインの賞味期限も昨年7月に切れている。高かったので気にせず飲んでいる。今のところ身体に悪影響はない。私も日切れていても利用価値を見出してもらえるような、よい人材で居たいものだ。現状、仕事のふりをすることにだけは長けております。

その後コーヒーを淹れ、ファイアーエムブレムを触る。主人公が強すぎて、時折笑ってしまう。すっかりはまってしまった。いよいよもう本格的に戦争に突入した。これまでの学園生活編をプレイしているときは「ほーん」くらいに思っていたのだが、もうダメだ。早く帰って触りたい。私たちの大陸は…一体誰が支配するの~~~~!?!?

…to be continued

 

豪雨

また連続更新記録が途絶えてしまった。毎日更新できる人はすごい。

昼前、誰かが部屋に入ってくる音で意識が戻る。妻がぶにょぶにょの顔をくっつけて、私の上で寝始めた。撫でる。愛らしい生き物であるな。昨夜お昼ごはんホットケーキを焼いてあげるという約束をしたので、起こしに来てくれたようだ。妻をひっぺがして布団に寝かし、キッチンへ向かう。

ホットケーキとういうものは、いつになっても、何回焼いてもパッケージ通りにかわいくはいかないものだ。私はいつも生地をフライパンの上に多めに流し込んでしまい、焼きあげるにも食べるにも大変苦労する。今回はおたまを使って少なめを意識した。結果、4枚用のホットケーキミックスを見事、4枚に仕上げることができた。焼目はみっともなかったが。妻はホットケーキにしょっぱいものを必ず欲するので、冷凍保存してあったベーコンを焼いた。ホットケーキは1枚ずつ焼くことになるので、どうしても食卓に並ぶ頃には冷めてしまう。あたたかかったらもっとうまかったな。

天気予報を確認すると午後からは雨のようである。シャンプーを切らしていたので急いで自転車にまたがり妻とドラックストアへ。道中はかんかん照りで、日差しが痛いほどだ。道の縁に顔を出す木陰を縫って走る。雨なんぞ降る気配もないわ、という所謂フラグを二人で道に突き立てながらサイクリングを楽しんだ。半額コーナー物色からプロテインコーナーの冷やかし、部屋の芳香剤購入の検討などドラッグストアを隅々まで楽しんだ。

隣にスーパーが隣接しているので、晩御飯の相談をしながらぐるっと一回りする。いつも考えるのが面倒になり、カレーを作ることになる。この日もそうなった。何気なく視線を買い物カゴの中のポテトチップスから上げたその先、レジ越しに見える窓の外の景色が暗い。お察しの通り、土砂降りである。ピークが去るまでゆっくりと2周目をすることにした。コストコの商品を扱うフェアをやっていて、危うく余計な巨大ケーキを買いそうになった。我々の読み通り、レジを通るころには雨が止んでいた。近年の夏の豪雨はこんな感じだ。スコールというやつだろうか。完全に作戦勝ちである。いつまた降り始めてもわからないので、急いで帰宅した。

家に帰り少し昼寝をして、カレーを作った。調理中のカレーの匂いに耐えられなくなり17時頃の晩飯となった。少しトマト缶の分量が多かったのか、さわやかめに仕上がった。妻にこれはハヤシライスだと馬鹿にされた。

一緒に風呂に入り、風呂上りにビールを飲む。酔っぱらいながらファイアーエムブレムを触った。一気にストーリーに引き込まれてしまい、歯止めがきかなくなった。主人公、5年寝てたぞ。私が気にかけてなかった女生徒がめちゃ好みの28歳になっていて大変に動揺する。抑えろ、ときめきを。先生は一途が取り柄。突き進め、我が道を。

筋トレもブログ更新もさぼり、1時までやってしまった。その後も目が冴えてしまいあまり寝つきがよくなかった。反省である。

実をいうと2日連続で筋トレをさぼった。休みは私をだめにしてしまう。腹筋ばきばき計画を再始動させなくては。今週もまた、がんばろう。

 

同期

早出当番の日だったので、6時過ぎに起きる。人間が活動していい時間は8時からだと思う。身体があたたまらない。目が重たい。文句をぶうたれていても仕方がないとはわかっているのだけれど。昨晩に作った焼き鳥丼のあまりのタレを塗った焼きおにぎりをかじる。味が薄い。調味液を塗布するおにぎりは崩れるのがこわいので、少なめに塗りがちである。

業務内容がまるっと変更になったこともあり、朝から一人、どたばたと狼狽えまくる。心配で勤務外にも関わらず見に来てくれた社員に大いに助けられた。輝いて見える。GOD。虹演出。SSR。☆5。ありがたすぎてコンビニでフィナンシェを買ってお礼をした。今後とも仲良くしてほしいものだ。

以前深く交流があった同期の最終出勤日が本日であることを聞かされる。オッ、ほーーん、とスカしていた自分であったが、ほんとのところは寂しいものである。どうしてこうも素直になれないのだろうか、自身を偽るのであろうか。30分程文章を練り、入念に下書きを行ったのち、寄せ書きの色紙に寄稿をした。少し本人と話をする機会があったが、そこでも私はスカしていた。ダサすぎる、やめてくれ。また落ち着いたら食事にでも、の常套句で会話は終わった。花束をもち、去っていく背中が羨ましかった。仕事やめてえ~~。

19時頃帰宅。妻が作ってくれたタンドリーチキンを食べた。すこし辛めでおいしかった。その後一緒にシャワーを浴びた。ボディーソープとシャンプーが同時に切れる。まいった。風呂から上がって、楽天で炭酸水を買った。ハイボール作りが捗るぜ。

コーヒーを飲み、ファイアーエムブレムを触る。生徒達のレベルがあがってきた。黒魔法系の生徒が少し周りよりレベルが低いので、強化していかなくては。私が狙っている女生徒を贔屓目に戦闘に参加させているおかげで、他の男子生徒からの好感度が軒並み高い。やめろ、彼女は私と結婚するのだ。いやらしい目で見るんじゃねえ。

ストーリーは私が敵の策略により闇に呑まれ、相棒ののじゃロリ女神と私が合体して髪色が明るくなって、危機を乗り切った。私も合体したい。

ゲームをやり始めると止まらなくなってしまう。がっと入り込んですぐ飽きてしまうので、気をつけなくては。クリアすんぞ、絶対。

そのあと歯磨きをして、筋トレをした。翌日が休みで気持ちに余裕があるからか、妻が寝かしつけてくれた。大変に助かる。

眠すぎる午後の時間、地獄の長さのWEB会議中である。こうやって難しい顔で文字うってないと寝る。今日もさっさと帰れるよう尽力したいと思う。では。