思い貯蔵庫(仮名)

日記、ぶつける当てのないもやもやを置いておく場所

若おかみは小学生!

f:id:mikkaa:20181015220855j:image

 

 23歳、はじめて「怒られた」と「転んだ」以外の理由で泣いた。

 全く情けない。おっこはあんなにも頑張っているのに。劣等感でいっぱいになり藤原さくらの唄声が響くイオンシネマ スクリーン6 G15から俺は一片の塵も残さず消えてなくなった。

 飲まずにはいられない。飲んで誤魔化さないとどうになかってしまいそうだ。毎日毎日、何の興味も湧かない仕事を朝から晩まで行う。心中はずっと上司に中指を立て続けている。こいつを殺さないと俺の心に平穏は訪れないと思いながら手を動かす。休みの日にはすることが無く、シコって寝る。俺は先週の金曜日、ドンキで人生初のオナホを買った。

 一方、おっこは小学生なのに若女将だ。小学生に襲い掛かる大きすぎる転機、背負わされた責任。おっこは持ち前の明るさと元気で乗り切っていく。衝撃的すぎる客の登場と、年の離れた友達のカッコよさに俺は涙せざるを得なかった。

 映画の感想をうまく書ける人はすごい。自分の中にある漠然とした大きな気持ちを上手に言語化する術を俺は持ち合わせていない。そういう能力を身に着けたくてはじめたこのブログだが、それも続かなかった。また始めたいな。

 帰りのバスに揺られながら人生を見つめなおす。俺がなりたかったものはなんだ。俺の居場所はこんなところじゃない、そう思いながら毎日毎日過ごしている。なんとなく俯瞰で見て、自分自身のことも他人のことのように見ている。見ている気になって現実から目を背け続けているのだ。現状に甘んじることなく努力を怠らず、真っすぐに生きるピンクのフリフリの姿が眩しすぎて直視ができなかった。彼女たちの倍の年数をズルズル生きている俺はどうだ、なにかを成し遂げたか。一途に努力をしたことがあるか。人の役にたったことがあるか。

 

おっこ…俺……俺…

 

 

新社会人

私の労働人生がスタートし、ひと月が経過した。
働く以前は働き甲斐や仕事内容なんざどうでもいいと本当に思っていた。
適度に休みがあり、ささやかなお給金をいただき、穏やかに静かに過ごせていければ仕事の中身はどうでもいいと本気で思っていた。

仕事内容に興味がわかな過ぎる。これは意外と由々しき事態だった。
就職活動を行いながら朝から晩まで真剣に「自分がなりたいもの」を考え続けた昨年。
答えは出なかった。就職活動の苦しさに耐え兼ね、適当なところで切り上げた結果として興味がわかない職場にいる。興味が湧かない職場で何十年もやっていく自信が私にはない。ないようだということがようやく分かった。

 

次の一歩への踏み台として、先日出た初任給で適当な資格の参考書でも買いに行こうと思う。

台風一過

今日は目が覚めたら15時だった。先週までの連日の雨が嘘のようだ、外は目があけられないくらいの晴天だった。ここまで関わりが薄いと台風なんてなかったように思える。

深夜ラジオを聞く、飯を食う、エロ動画を漁る、ソーシャルゲームをさわる。これが今の僕の生活を構成する要素。今日もラジオを聞きながらエロネットワークを駆使し、各サイトを巡回。引き抜くティッシュ。潤うブックマーク。気づけば21時半って具合だ。

明日は珍しく飲み会の予定が入っている。その前に着ていないを売りに行こうかなと思う。忙しくなるぜ。

文字通り、日々の記録として

映画『GO』を見た。夜中に巡回中の警官と一緒にタバコを吸う窪塚洋介がかっこよかった。自分の中にブレない一本の強い軸を持っていたいと思うが、明日にはケロッと忘れているだろう。

なんにも身につかない。反芻しないからかな。

 

結局また、日記は続かなかった。

 

地獄のような就活がなんとか終わった。

僕は今、昨日と今日と明日の区別がつかないくらい堕落しきった毎日を送っている。

今だからこそ日記をつけたいと、思う。昨日は何をしていたのか、今日は何を考えていたのか、明日はなにをしたいと思っているのか、そういうことだけを淡々とつづっていきたいと思う。とにかくキーボードをたたかないと、手を動かさないと脳が腐り落ちていくような気がしたから。

 

ってね。

日記続かなかった

毎日更新を義務付けるとこうなる。待ってくれ、言い訳をします。

新学期にともなう環境の変化に戸惑い続けていたら21日経ってました。まだまだ戸惑い続けてる。それに加えてここ何年か接点が少なかった意中の女性とドキドキ週1デートが習慣化するというトンデモビッグニュースが乗っかってきたため、生活がぐわんぐわんしています。その詳細を書くつもりはないです、大丈夫、僕はまだまだ童貞です。

 

都合のよすぎる素敵イベントが入ったものの、数年で一番イライラ指数が高い。まことに不本意ながら組織の上に立たねばならぬような状況で、かなり精神的負担が大きい。やめたくてやめたくて頭がおかしくなりそうだけど。あと1年ちょっとの付き合いだ、と割り切って、お前ら全員嫌いだと心中で叫びながら、なんとか表面上は穏やかに乗り切っていきたい1年。今日のようにどうしようもなく苦しくなったその日にはまたこうして日記を書きたいと思う。もっと普段考えてるしょうもないこととか書きたいんですけど、なんだかこう今は考える余裕もないんだ。現在、滾々と湧いて出るのは僕の周りにいる人物に対する悪口だけだ。

それでは最後に聞いてください、パーキッツで3・2・1→Smile!


パーキッツ - 3・2・1→Smile!「LONG」

好きなチルド弁当:麻婆豆腐丼

ここ2年ぐらいで私の近所のコンビニ事情が激変した。贔屓にしていたファミマがガンガン潰れ、ローソンがぼんぼん立ち始めた。また近所のコンビニ事情に新たなる確変が起こった。通学路にどうやらセブンイレブンが建つようだ。うれしい。セブンイレブンチルド弁当はどのコンビニ弁当よりうまい。すごいうまい。通学路というところもポイントが高い。とにかくうれしい。

 

まぁ、もうあんまりないかな。何もない日は無理やり書かなくてもとも思ったんだけど、それ始めちゃうともうズルズルなっちゃいそうな気がしてどうもな。今週はゼミの飲み会がある、気が重くてしゃーない。何せゼミはおろか学内に友達がいないからな。今週も頑張っていきましょう。

日曜日よりのぐるぐる

邦ロックが好きでそれをよく聞いている。新しいものに飛びついてると思われるのがいやなので90年代から00年代のバンドを中心に聞きあさることが多い。全く情けない。だーれも気にしてないんだから好きなもんききゃあいいのにね。洋楽を聞こうと思ったこともあるし、いくつか好きなバンドもある。けど、やはり言語の壁は厚い。あまり数を聞いていないというのももちろんあるが、俺の国境を越えて突き刺さってきたバンドは3つ4つだ。歌詞の意味が理解できないとなんだか落ち着かない。もちろん邦楽にも理解できない歌詞は腐るほどあるが、「何を言ってるのかわからない」ということが分かる分だけかなり違う。うまく言えんな。意味を理解できていないのが怖いというか。

 

例えば僕はゲロ甘ラブソングの類は共感できなさ過ぎて、怒りすら覚えるので上手に聞けない。とにかく腹が立つのだ。自分と世界と女と男に。洋楽は聞きながら直感的に歌詞の中身が理解できないのでゲロ甘ラブソングなのか労働者を称える通勤ソングなのか、区別がつかない。自分がどんな意味の言葉を耳から入れているのか、ということが分からないのが怖いのだ。書きはじめに書きたかった内容と徐々にずれていって、明後日の方向を向いていることに気付いた。何も考えないで気の向くままにキーボードをたたいているとこういうことが起こるのでダメですね。

 

よく「あのアーティストは丸くなった」みたいな話をよく聞く。若いころは自意識と偏見と世間と大人たちへの不満をストレートに綴った歌詞が評価されていたりする。実際僕はそれに感激して馬鹿みたいにうなずきながら聞いたりするわけだ。その多少なりとも自分と似たような感性を持った人が年を重ねると共に愛やら家族やら友人やらの存在を大切にするようになるってことは、俺もそうなれるのかなあって思ったりした。今日はそんなことを考えてました。

 

「当たって砕けろ」のような言葉、なにこれ諺じゃないしな、標語?

とにかく、もう世に浸透している言葉ってそこにたどり着くまでのプロセスを全部省いて言葉だけがボンと伝わってくるってことが多い。だから「うるせえよ、お前に俺の何がわかるんだバカ」となる。浸透しているってことは多くの人がぐるぐるぐるぐる考えた挙句たどり着いた場所なんだろう。結局自分で考えていってたどり着いて初めて、その言葉が理解できるんだろうなあ。と思いました。今の俺には当たって砕けろの精神が必要になっている。とはいえなんだ、砕けるのは怖い。助けてくれ。